死亡者を減らす

「急性心筋梗塞」と言う病名を聞いたことがある方は多いでしょう。急性心筋梗塞は突然起こる為、発見をされて時には手遅れの場合があります。
動脈硬化が原因で発症します。しかし、動脈硬化は最初は軽度な為、急性心筋梗塞が起こることは自分自身で判断をすることが出来ないでしょう。
しかし、動脈硬化が悪化してしまうと急性心筋梗塞が引き起こされるのです。
コレステロール脂肪が蓄積されていき、破裂した際に血栓などもすべて流れて冠動脈に流れてしまいます。
冠動脈は心臓と繋がっており、血液を送る大切な役割をしています。その冠動脈が塞がれることで心臓に血液が流れなくなり、急性心筋梗塞で死亡をしてしまう方が多いのです。
非常に恐ろしい病気ですが、心臓ドックで心臓を調べることで破裂をする手前で病気を発見出来たと言う方も多いです。
心臓ドック専門医などがある為、更に詳しく調べてもらうことが出来るでしょう。

心臓ドックでは画像診断をすることが出来る為、心臓の形や血液の流れ方、筋肉などの状態が分かります。
心臓には弁があり、血液を流してくれる役割をしています。心臓の内部にある弁の動きも判断をすることが出来るのです。
冠動脈を流れている血管を心臓ドックでは写すことが出来る為、血液の流れを見て急性心筋梗塞になる可能性を判断することが可能なのです。
近年は3D撮影をすることが出来ます。平面では分からなかったことまで分かるようになったでしょう。
脂肪のかたまりを心臓ドックでは発見することが出来ます。画像診断は自分でも確認をすることが出来る為、生活態度の改善を意識することが出来るでしょう。